Love-tuneの契約書の内容や持ち帰った理由は?説明会の内容も







11月30日(金)にLove-tuneのメンバー7人全員が事務所を退所することが発表されましたよね。

突然の退所の発表はびっくりしましたよね。退所の理由は何か?というのが焦点となりました。

そして、退所に関連して、Love-tuneメンバーとジャニーズ事務所が取り交わす契約書の問題があったようです!

契約書とはどのような内容だったのでしょうか?

また、契約書にサインをするのを保留し持ち帰った理由は何なのでしょうか?

そこで、今回は「Love-tuneの契約書の内容や持ち帰った理由は?説明会の内容も」と題して、契約書の内容とサインを保留し持ち帰った理由について迫ってみようと思います。

それでは、本題にはいりましょう!


Love-tuneの契約書の内容や持ち帰った理由は?説明会の内容も

こちらが、安井くんからの退所報告です。


やはり、詳しくは話せないようですね。。

 

まず、経緯から書いていきます。

2018年1月10日に、ジャニーズ事務所とジャニーズJr.が初めて契約書を取り交わすという説明会があったようです。

このときに招集されたメンバーが、Snow Man、Travis Japan、SixTONES、Love-tune の4グループでした。

その説明会で説明された内容が「契約をしても、契約をしなくても、給料や今ある仕事に関しては何も変わらない」ということだったようです。

そして、Love-tuneのメンバーだけが契約書のサインを保留し、持ち帰りました。

その後、Love-tuneだけが、仕事が激減し、テレビや舞台への出演もほとんどなくなるというように、待遇が一変したようです。

そこで気になるのは、契約書の内容はどのような内容だったのか?持ち帰った理由は何だったのか?ですよね。

ネット上でも、そこが知りたいという方が多く見られました。

契約書の内容

調べてみましたが、契約書の内容は公表されていませんでした。

契約書なので、詳細はおそらく表に出ない可能性が高いと思われます。

しかし、気になります。だいたいの内容がわかるようなことを話して欲しいですね。。

 

契約書を持ち帰った理由と説明会の内容

そして、持ち帰った理由についても公表されていないようです。

持ち帰った理由について考えられることは・・・

契約書の内容をもう少し考えたかった。契約書の内容に納得いかなかった。

説明会での説明の理解の相違。

ということがあるのではないかと思いました。

説明会で説明された内容もどのような内容だったのかも気になるところです。

「契約をしても、契約をしなくても、給料や今ある仕事に関しては何も変わらない」

私は、この文章を見たとき、2つの捉え方をしました。

①契約をしても、しなくても今までどおりで変わらないよ。

②契約をしても、しなくても今ある仕事だけはそのまま変わらない・・・今後に関しては保証してないよ。

というように感じました。

もし、前者の捉え方だと、契約書を持ち帰ってもおかしくないと思いました。特に、契約内容に納得がいかなかった場合、持ち帰る人の方が多いと思います。

もし、後者の捉え方をしたら・・・サインしていた可能性もあるのかな?

契約書の内容によっても変わってくるので、一概にそうとは言えませんが、このような考え方もできるかもしれません。

しかし、契約書を持ち帰った後に、Love-tuneだけが待遇が一変したということは、契約してもしなくてもと言っておきながら、そのような行動に出るのは如何なものかと思いました。正直・・・

契約書問題に関する書き込みで、

会社に忠実な犬になれるのか試されたんやね。
恐ろしい会社だわ。

これだけじゃ契約書の内容はよくわからないけど、意に沿わない人間はとことん排除する、最低な企業に思えてしまう。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20181201-00009899-bunshun-ent&s=lost_points&o=desc&t=t&p=2

というのがありました。

やはり、最初から契約書に即サインしなければ、排除するという方向だったのでしょうか・・・

 

契約書の内容や持ち帰った理由が分かりましたら、分かり次第追記します!

ネット上での反応

Yahoo!ニュースのコメント欄より

もはやジャニーズの闇が深いのは公然の事実だからな。
もっとみんな離脱して反旗を翻して欲しいわ。

SMAPもタキツバももっと事務所がちゃんとしてればあんな結末にはならなかったと思う。ファンを蔑ろにする事務所は最悪。親族経営だから何も見えない。そこを変えようとした飯島氏も消された。少なくともSMAPのファンだった人達はもうジャニーズ事務所に不信感しかない。オリンピックだなんだ言う前にやることがいっぱいあると思う。でもタレントには何の責任にもない。(一部を除いて)

本人の口から出た言葉以外は信用できないと思う。
話せるかどうかは別はとして。

年齢的に限界と言う考えも有ったかも。
しかし、全員って。
解るように説明したら良かったのに。
何も干さなくても。
人の人生なんだと思って居るのやら。

賢い子は必要ないって事だ

当たり前の様に二つ返事で契約するものだと事務所側は思っていたんじゃないですかね?持ち帰った後がどうだったのかもありますし、契約書を持って来るのを待っていた事務所と契約書をいつまでに出せば良いのか待っていたメンバーの方々とかの話じゃなければ良いけど、どちらにしてもファンが可哀想だね

このようなコメント以外にも多くのコメントが寄せられていました。

やはり、本人の口から話してもらうのが一番ですよね。それ以外は、想像でしかないですからね…

不信感を感じているファンも多いと思います。

ジャニーズは人気があるだけに、残念だな・・・という思いもありつつ、活躍しているジャニーズのメンバーを見ると、ここがあったから今があるのかな・・・という思いもあり、複雑です。

Love-tune退所について

というようなツイートがありました。

それぞれ思うところがありますね。

退所しても、他の場所で活躍できることを願うばかりです。

まとめ

「Love-tuneの契約書の内容や持ち帰った理由は?説明会の内容も」と題して、Love-tuneとジャニーズ事務所との契約書の内容はどのような内容だったのか、契約書を持ち帰った理由は何だったのか?説明会の内容が関係してくるのか?について迫ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

契約書の内容も持ち帰った理由も、今のところ公表されていません。

今後、公表されるのか?されないのか?ということもわからない状況です。

公表されること、本人たちの口から話してくれることを願いますが、おそらく難しいかもしれません。

もし、情報が入りましたら、入り次第追記しますね!

Love-tuneの退所は衝撃的でもあり、覚悟していたことでもありですが、やはり寂しさは感じます。

しかし、これを気に活躍することを願うばかりです。

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です