2019年の花粉はいつまで?スギ・ヒノキの飛散情報・ピークも







花粉の飛散が本格化していますね!

今年の花粉はヒドイ!という方が多いですね。

どうやら今年は花粉の量が多いようです。

鼻も目も大変なことになるので、早く終わって欲しいところなんですよね。

2019年の花粉はいつまで続くのでしょうか?

スギ・ヒノキの花粉の飛散情報・ピークの時期はいつまでなのかについても調べてみました。

それでは、さっそく見ていきましょう〜

2019年の花粉はいつまで?スギ・ヒノキの飛散情報・ピークも

花粉が多くなる条件はどうなんでしょう?

  • 日照時間が長い
  • 気温が高い
  • 降水量が少ない

といわれています。

2018年の夏の天候は、条件に当てはまる地域が多いように思います。

2019年の花粉は、昨年や例年と比べ多いようです。3倍という情報もあります。

 

2019年の花粉はいつまで?

今年の花粉が飛散するのはいつまでなのでしょう?

例年としては、だいたい2月〜6月ごろまでの地域が多いです。

関東と関西を見てみると、このようになっています。

♦︎関東エリア

スギ:1月〜7月上旬、2月〜4月がピーク

ヒノキ科:1月下旬〜7月上旬、3月上旬〜4月までがピーク

 

♦︎関西・中国・四国エリア

スギ:1月上旬〜5月上旬、2月中旬〜3月がピーク

ヒノキ科:主に3月上旬〜5月、4月がピーク

参考はこちら

ピークの時期や飛散量の違いはあっても、期間に関しては同じようになる可能性が高そうですね。

それでは、ピークはどのようになっているのでしょう?

2019年の花粉のピークはどうなってる?

大阪、広島

スギ:3月上旬、ヒノキ:4月上旬

福岡

スギ:2月下旬〜3月上旬、ヒノキ:3月中旬ごろ〜4月上旬

東京

スギ:3月上旬〜4月上旬、ヒノキ:4月上旬〜中旬

参考はこちら:https://tenki.jp/pollen/expectation/

西日本では、スギ花粉は3月上旬、ヒノキ花粉は4月上旬という予想になっていますね。

東日本では、スギ花粉は3月中旬から下旬、ヒノキ花粉は関東や東海道では4月中旬ごろと予想されています。

現在の状況はこちらから確認することができます。

東海地区は多い日があるようですが、全体的に少しずつ花粉の飛散量が減ってきている感じですね。

スギからヒノキに変わっているころだと思われ、ヒノキも今月いっぱいがピークといったところになるのでしょうか?

2019年の花粉の飛散量と飛散情報

花粉が飛ぶ量は・・・

2018年と比較して、200%、300%、500%以上となっている地域が多く見られます。

関東、関西、東海道、四国、山口県・島根県・鳥取県は多くなっているようです。


出典元:https://weathernews.jp/s/topics/201810/010175/

昨年と比べて、2倍〜5倍とは・・・

皆が口を揃えてヤバイと言っているが納得ですね。

 

各地の花粉飛散情報は・・・

全国的に落ち着いてきましたね。

現在花粉が多い地域が、北海道や東北地方で多くなっているようです。

画像出典元:https://tenki.jp/pollen/

まとめ

「2019年の花粉はいつまで?スギ・ヒノキの飛散情報・ピークも」と題して、2019年の花粉がいつまでなのか、スギ・ヒノキの花粉の飛散情報やピークについてお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

花粉は、2018年と比べ、2倍〜5倍の地域も多くなっています。

また、ピークも予想よりも少し長くなっているような感じがあります。

今年はかなり手強い花粉となりそうです。

花粉症の方は、かなり辛いと思います。

早く花粉の時期が過ぎますように・・・

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

こちらの記事もおすすめです▼

花粉症のつらい症状の対処法は?裏ワザ的な方法を紹介!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です