イチローが国民栄誉賞を辞退した理由は(3度目)?今後受ける可能性は?







3月末に現役引退を表明したイチローさんが、国民栄誉賞を辞退したようですね。

今回で3度目の辞退なんですよね。

イチローさんは、日本の野球界を引っ張ったと言っても過言ではないと思います。

国民栄誉賞を受賞してもいいのではないかと思うのですが・・・

イチローさんが3度目の国民栄誉賞を辞退した理由は何なのでしょう?

また、過去に辞退したときのイチローさんの言葉も一緒に書いていきたいと思います。

そして、今後国民栄誉賞をイチローさんは受けることはあるのでしょうか?

それでは、さっそく見ていきましょう〜

イチローが国民栄誉賞を辞退した理由と言葉

イチローさんは、国民栄誉賞の受賞を辞退したのは3度目です。

現役を引退してからの国民栄誉賞の打診でしたが、辞退した理由は何なのでしょう?

代理人からの連絡によると

「人生の幕を下ろした時に頂けるよう励みます」

ということだそうです。

人生の幕を下ろしたとき・・・野球を引退するということなのでしょうか?

ネット上では、野球生活はまだ終わっていないからという声がありました。

イチローさんの野球生活の終わりは来るのでしょうか?

 

イチローさんが国民栄誉賞の受賞を辞退した1度目・2度目の辞退理由が気になったので、調べてみました!

1度目の国民栄誉賞の辞退理由(2001年)

まだ、現役で発展途上の選手なので、もし賞をいただけるのなら現役を引退した時にいただきたい

このように述べています。

今から18年前、イチローさんが27歳のときです。

 

2度目の国民栄誉賞の辞退理由(2004年)

今の段階で国家から表彰を受けると、モチベーションが低下する

このように述べています。

イチローさんが30歳のときですね。

 

野球人生を大切にしていきたい、野球に集中したいということでしょうね。

野球にストイックなイチローさんらしいという感じがします。

どこをとってもカッコイイ人だなと思います。

今後国民栄誉賞を受ける可能性は?

3度の国民栄誉賞の打診があったイチローさん、今後も国民栄誉賞の打診があるだろうなと思います。

4度目があった場合、イチローさんは国民栄誉賞受賞を受けるのでしょうか?受ける可能性はあるのでしょうか?

過去の国民栄誉賞を受賞した野球選手に、長嶋茂雄さん、王貞治さんなどがいます。

長嶋茂雄さんは、2013年に受賞し、その時は77歳でした。

王貞治さんは、1977年の受賞で、37歳でした。

 

イチローさんは、「人生の幕を下ろした時」と語っているようです。

人生の幕・・・野球人生の幕ということだと考えると、もしかしたら受賞を受ける可能性は低いのではないかと思っています。

イチローさんの中では、野球そのものが人生なのではないかという感じがします。

 

今後、国民栄誉賞の打診があるのか、その場合受けるのかについて注目していきたいと思います。

 

ネット上の反応

カッコイイという声が本当に多いですね。

イチローさんのブレない生き方、考え方は影響力が大きいなと感じました。

まとめ

「イチローが国民栄誉賞を辞退した理由は(3度目)?今後受ける可能性は?」と題して、イチローさんが国民栄誉賞を辞退した理由についてお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

国民栄誉賞の辞退理由は、「人生の幕を下ろした時」ということのようです。

野球人生がまだ続くということですね。

そして、イチローさんの野球人生が終わる日はおそらくないのではないかと思います。

なので、今後国民栄誉賞の打診があっても辞退する可能性が高いのではないかと思っています。

ブレない生き方は流石と思いました。

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です