スーパームーン2019年2月|東京・関東で見れる方角と時間・見頃は?

スポンサーリンク






2月20日は満月ですね。

2019年で一番大きい満月でスーパームーンと言われています。

見てみたいと思っている方も多いと思います。

東京・関東でスーパームーンは見れるのか?

見れる法学や時間帯はいつなのか?見頃はいつなのか?について調べてみました。

また、観測スポットも紹介したいと思います。

それでは、さっそく本題に入ります!

Sponsored Links

スーパームーン2019年2月|東京・関東で見れる方角と時間・見頃は?

2019年2月の満月は、先月に続き2回目のスーパームーンです。

2月20日のスーパームーンは月と地球が一番接近するため、2019年で最も大きく見える満月となります。

2019年の最大の満月と最小の満月を比べるとこのくらいの差があります。

比べてみると結構違いますよね。

実際には、14%視直径が大きく、30%明るく見えるそうですよ。

 

東京・関東で見れる時間・見頃

満月になるのは2月20日の0時54分です。(満月の瞬間)

この時間が一番大きい月が見れる時間になります。

20日の1時前なので、19日の夜という感覚ですね!

19日(火)夕方〜20日(水)明け方にかけて出現するということになります。


出典元:https://weathernews.jp/s/topics/201902/150115/

このように、19日の夜の方が高度が高いですね。

 

東京・関東で見れる方角

2月19日の月は、日本のほとんどの地域で0時〜2時前に南中するということです。

南の空に月が見えるということですあ、冬の満月は夏の満月よりも空の高いところを通るので、空全体を見るといいということですね。

空全体が見れる場所に行くのがオススメです!

 

気になる天気

2月19日の天気は、夕方から下り坂になるようで、もしかしたら雨となる可能性が高そうです。涙

雨が降っていても、雲があまりなければ見れそうですが、実際はどうなるのか・・・

当日の夜を待つしかありませんね。

満月の瞬間に見れない場合でも、18日の夜に見たという方もいますし、次の日の20日の夜に見るのもいいかもしれませんね。

 

東京の日の入り・日の出

2月19日の日の入り17時27分

2月20日の日の出6時23分、日の入り17時28分

 

オススメの観測スポット

綺麗なスーパームーンを見たい場合、やっぱり暗い場所の方が綺麗に見えますよね。また、空を遮らないものがない場所もオススメです。

砧公園

世田谷区にある「砧公園」は、都心からもアクセスしやすく、星空観測にもおすすめの場所です。

このように月も見えます。

ホームページはこちら

住所:東京都世田谷区砧公園1-1

 

奥多摩湖

都内でもNo.1と言われる天体観測スポットですね。

夜になるとあたりは真っ暗で、明かりがないので、月だけでなく星空観測にもおすすめの場所です。

住所:東京都西多摩郡奥多摩町原

奥多摩町観光案内所ホームページはこちら

 

武蔵野の森公園

大芝生広場は広い敷地が広がっているので、遮るものがなく、夜空の星や月がきれいに見えます。

ホームページはこちら

 

三ッ沢公園

横浜にある三ッ沢公園は、天体観測なども行われている場所でもあります。

三ッ沢公園陸上競技場もあり、空を見渡すことができます。

公式ホームページはこちら

住所:横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1

スーパームーンの画像

スーパームーンが見れたという方の画像がありましたら、紹介していきます。

今は、18日の夜に見れた月の画像を紹介します!

動画はこちら

プレスーパームーンでも十分綺麗ですね!

 

まとめ

「スーパームーン2019年2月|東京・関東で見れる方角と時間・見頃は?」と題して、東京・関東でスーパームーンがいつ見れるか?見れる方角はどこか?観測スポットも一緒にお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

スーパームーンは、全国で同じように見れます。

満月の瞬間は、2月20日の午前0時54分です。

19日(火)夕方〜20日(水)明け方にかけて出現する月を見るといいです。

方角的には南の空ですが、空高く見えるので、空全体を見ればすぐにわかります。

19日の天気が気になりますが、少しでも見れますように・・・

まだまだ寒いので、寒さ対策をして満月・スーパームーンを楽しみましょう!

今回は、ここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です