台風11号2019進路図(米軍・ヨーロッパ)!沖縄への影響は?







フィリピンの近くで台風11号が発生したようですね。

先週台風10合が日本列島を通過したばかりで、もう台風11号がうまれました。

台風11号の名前は「Bailu(バイルー)」(中国・白鹿)というようです。

台風は現在沖縄のだいぶ南にあるので、日本列島からは離れていますが、今後の進路がきいなるところです。

今回は、「台風11号2019進路図(米軍・ヨーロッパ)!沖縄への影響は?」というタイトルで、日本の進路予想と米軍とヨーロッパの進路予想を比べてみます!

台風11号2019進路図

今の所、沖縄の先島諸島に近づきはしますが、台風があたるということはないようです。

日本列島を南の方まで太平洋高気圧が覆っていますので、これが原因で北上しないようです。

このまま太平洋高気圧が動かなければ、沖縄に上陸することはないと言われいています!

中心気圧が998ヘクトパスカルですので、前回の台風よりは大きくなかったり、風も強くないと思われますが、思った以上の突風の危険性がありますので油断は禁物です。

台風11号米軍の進路予想

台風11号の米軍の8月21日23時頃の情報です!

最新情報はこちらから!米軍の最新台風情報

これを見る限りでは、石垣島は台風が上陸するかもしれませんね。。

台風11号ヨーロッパ中期予報センターの予想

8月21日23時頃の情報です。

こちらではまだ台風の影がみえてるくらいで大きくは表示されていませんね。

週末にかけて大きく見えるようになると思います。

 

23日の予想

24日の予想

25日の予想

ヨーロッパの予想をみてみますと、石垣島はあたりそうです。

24日ころから沖縄石垣島や台湾に上陸する恐れがありますね。

台風11号の沖縄への影響は?

今の状況をみてみると、石垣島以外には台風が上陸しなさそうです。

太平洋高気圧が移動してしまったら一気に北上してくるかもしれませんが^^;

ただし飛行機には影響があるかもしれませんね。

欠航や延期の情報があるかもしれませんので、注意が必要です。

まとめ

今回は、「台風11号2019進路図(米軍・ヨーロッパ)!沖縄への影響は?」というタイトルで記事を書きましたが、いかがでしたでしょうか?

台風11号(バイルー)は、台湾の方に向かっており現在は北上していません。

沖縄への影響は殆どないと思っています。

ただし石垣島は影響を受けそうです。

日本、米軍、ヨーロッパの予想もほとんど進路の予想は変わりません。

今後記事を追記していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です